自分が好きになれる人(で、相手も自分を好きになる人)
が現れないということは、辛いこと。

そんな中で現れた相手だったのに、また酷い終わり方をする。







落ち込むに決まっている。

若い頃のように、すぐにまた楽しいことがやってくるわけでもない。すぐにまた恋がやってくるんだったら、それほど精神力が高くなくても、乗り越えていけるだろう。







私は今回、どんな風に考え方を変えていけばいいんだろう。







ところでこの週末、東京に夜遊びに行っていた。

あぁ素敵という男性と踊った。彼女ではなさそうだったけれど、一緒に来ていた女性に嫉妬で怒られていた💧私が原因なのではなく、その男性は、色んな女性を誘って踊っていたからだ。







ただ、パッと見の素敵は結局『外見』でしょ。







服装を綺麗にしたり、みんなが見える場所に出たり、話しかけたり。それなりの積極性は必要だけれど、恋愛市場において、男も女も外見でエラく格差が現れるもんだ💧

だから、話しこんで時間をかけて、人を好きになりたい。







話はあっちへこっちへなのですが、皇居の公園に初めて入った。広大な敷地と手入れされた自然、背景に近代的なビル。 ふぅ〜っと、心が安らぐ場所で芝生の上に座った。

男性と接しないと、恋愛には結び付かないんだけれど、私は今『人間』としか接したくない。







肌を出すような格好をして、触れたいという態度をされたり、優しくされたり。昨日も、どなたかだったか『かわいい』と言ってもらえたのだけれど、女性としての肯定感や自信は上がっても、それが何に繋がるのか分からない。

人間は老衰で死ぬのが1番、苦しまないし、周りに影響も与えないらしい。長いなぁ、人生って長い。。