私の恋はどうなっていくか分からない。

ただ、今彼には、とても感謝している。







私を見つけてくれて、
その日すぐにアプローチしてくれて、

諦めないでくれて、本当によかった(*´-`)





 

タイトルなのですが、
私は離婚後、恋活も友活もかなり難航しました。

一言でいうなら「どうして、こんなに孤独なの?!」
という感じでした。







原因は、私はズット分かっていました。
『孤独だからといって、とことん迎合はしたくない。』
 
30代後半になると、この国では女性は「丸くなければ」
いけません。







自ら納得してなっている丸い感じじゃなくて、

『オバハンやねんから辛抱せぇや!』という、
何か目に見えないものを受け入れるしかない感じ。







話は飛ぶのですが、
フランスの方々は「頑固」だと言われます。

近年、その良さと悪さが分かってきました💧

※  ここ3年ほどフランスの方とのデート率高し







そして、まるで同族嫌悪みたいな話なのですが、

私の頑固さも、日本では類稀なるものです。苦笑







親などは、子供の頃に早々に、
私の頑固さにギブアップしてしまいました。

だって、私は心臓病患者なのに、
大きな総合病院で何度見てもらってもそうなのに、
『私は病気持ちではない。』と言い続けた子供💧







今だって、昔だって、分かっちゃあいるんだけど、
どうしても認められなかったw

そして、宣言通り、私は健常者として働き続けている。 







もとい、37歳で独身に戻った時に、

『いや、これは何かオカシイぞ。腰を低くして、
「私の相手をしてください」と誰かに頼むものではないはず。』

と思った。特に、パートナー探しの場面では強く。







でも、辛かった。1人で泣く日が予想以上にあった。

その、かっこよくも格好悪い日々が文字でここに残っている。
たまに読み返したりしようと思う。







昨日、今日も彼が家に来ていた。

机の上にポロポロ、パンをこぼす彼を見ていたら、
『あぁあああ、フランス人〜💧』と思う。







でも、そんな小さなことより、
「年齢なんか関係ないよ、いいなって思ったんだから」

と、『彼氏・彼女』という道を選んだ彼に、やっぱり感謝✨







そして、私も諦めないで、人と出会い続けて良かった。

初心忘れそうになったら、過去記事、読み返す!!
訪問してくださった方も、お時間あれば読んでみてください🍀