今週末、彼とダンスレッスンに参加していた。

帰り道、談笑して歩いていたら、
テレビの取材の人たちに声をかけられる。







どんな取材かは、伏せておく。 

私は失礼だと感じているけれど、
些細なことなのかもしれない。

だから、彼らが特定されないように記事にする。







メインの取材内容とは別に、
『身体の中での、1番のチャームポイント』
を答えなければいけない場面があった。

見た目、、、というので、
彼が答えている間、ずっと、考え続けていた。







正直、見た目にチャームポイントはないと思う。

トータルで見て、ブスではないかもしれない。
けれど、どこかが飛び抜けて魅力的、、では、、ない💧



 



彼は、リップサービスで『僕は、脚が長いと思う💦』
とカメラの前で言っている。

恐らく、日本に来て、何度も言われたからだろう。







私の方にカメラを向けられて、頭が真っ白になった。
『長くはないけれど、脚が真っ直ぐな方だと思います。』

焦って言ってしまった。







彼が脚の話をしている間に、それが浮かんできただけだ。







そして、私がそのように答えたら、

彼の話には『ホントに脚長いですね〜✨』
『日本語、上手ですね〜✨』、

全てに大きなリアクションだったインタビュアーが、
“ゼロ反応”だった。(無言どころか、首も振らなかった。)







その瞬間「まぁ、私は外国人の取材、、の脇役だからね💧」
と、嫌な気持ちになった。ホントにそうなのだと思う。

でも少なくとも、今の私たちの関係では、私は彼の花だ。







私たち2人の雰囲気を見ないで、欲しいものに直行する、
馬鹿なインタビュアー。

私はこういう人を、本当に軽蔑している。







ところで、こういったことに敏感で、
どストレートな私が怒らなかったのは、

アシスタントの若い女の子が、私に気を使っていたからだ。
私たちがカップルで、女性に気を使うべきだと心得ていたから。







中学生の頃に、尊敬していた先生が私たちに言ったことがある。

『欲しいものがある時に「それが欲しい、ちょうだい!」』
『とジャンプして、その物だけ見ているのは子供だ。』と。

この短いセリフだけで、少なくとも10代の私には理解ができた。







取材の後、フランス人の彼は言っていた。

『外国人のサンプルが、どうしても欲しかったんだね。』
『日本人がいう脚の長い人なんて、フランスにはいっぱいいる。』

彼は、めちゃくちゃ日本が長いわけではないけれど、
とても冷静に日本を見ているし、上手く日本に合わせて生きてる。






 
アジア人の見た目の男性と歩いているだけでは、気づかなかった。
なんだか色んなことを、国際恋愛し出してから、経験する。

そのたびに思うんだけれど、極端なルッキズムから脱出しようよ。
(人それぞれ、フェチがあるのはわかった上で。)
そして、欧米人となったら、無条件で見上げるのもやめよう。







国籍もそう。どこかの国が偉いわけじゃない。

道を歩いている海外の方が、ヘッドフォンをつけているのは、
『すべての日本人を拒否している』わけではなく、

単純に音楽を聴いているだけでもなく、
『失礼な人に話しかけられたくないから』なんだと思う。