卵管の炎症による腹痛で、近所の産婦人科に行った。

プレ更年期の相談にも、のってもらおうと思ったのだけれど、
妊婦さん多数の病院で、待ち時間の把握ができない。







それで、ちょうど1年前コロナの時期にお世話になった、
女医さんのいる他の婦人科に足を運んだ。

以前お伺いした時も今回も、内診+採血で診断







女医さん『あぁ、そういえば、前回の血液診断結果です。』

Keipakasan『あぁ、そういえば、聞きに来てなかったですね💦』







ちょうど、去年、緊急事態宣言が出される前だったので、
空手の道場が閉まったり、イタリア人の彼が流れ着いたり、

あまり物忘れする方ではない私も、すっかり忘れていた(・_・;







女医さん『1つだけ圧倒的に数値が高すぎるホルモンが、、。』

Keiapkasan『えっ!?Σ(-᷅_-᷄๑) そ、それはなんですか??』







女医さん『これは【おっぱいを発達させたりするホルモンで】』

以下、女医さんのセリフ、全く耳に入ってこず、、、😆







おっぱいを発達させたりするホルモンが異常に高いのに、、、

まな板に干しブドウの私は、一体なんなんだ(・_・;
人生とは皮肉なものだね、ホント💧







ところで、私は貧乳にあまりコンプレックスがない。







若い頃のフレネミーだった女友達に言われたことがある。

「Keipakasanって、胸が小さいこと気にしてないの?」

「Keipakasanは胸がないのに、
なんで、男が寄ってくるんだろう。」







うるせーわっw







今思えば、フレネミーになる予兆はいっぱいあったわけだ💧

「首のシワって、老けて見えるよね!」と、
私の首をジーッと見ながら、言われたこともある💧💧💧







首のシワ、昔からある方なんですけど、

20代やのに、そんなことイチイチ気にしてへんし💦
胸も、同じように特段気にしていなかった。





 

日常生活に支障がなかったし、たまにメリットもあるから。

そう言えば、こないだフットサルに行ったときに、
『胸トラップ』でボールを受けて、拍手してもらったwwww  

↓これ

D8ED4842-EE39-461E-A117-40F70A43E28E


 あはは、私、ドッヂボールもめっちゃ強かったよ😆笑







次の診断結果が楽しみ、また【おっぱいを発達させる、、、】
って言われたら、医療の結果を鵜呑みにしたらアカンの証明w

今日はこの診断結果が面白くて、彼氏に伝えて、また笑って、
逆に元気になったよ😆笑うが1番の特効薬やね、いつも✨