近頃、一杯だけ、どこかでお酒を飲む。

相変わらず、テレワークだから、
人と話したくなるんだと思う。 







今日も新規開拓で、フラッと入ってみた。







オーナーさんは当たりだったけど、
お話した常連さんは、ハズレだった。爆

これがあるから、飲み屋は嫌いなんだ💧







いや、もうちょっと補足しないと。。







お金払って飲んでるのに、
おっさんの男尊女卑の態度に付き合うのが、

私は死ぬほど嫌いなんだ(−_−;)
スナックいけ、ボケェと心底思う。







もとい、
10年ほど前、私はネットの雑談掲示板に出会った。

田舎に働きに出てみたので、
離れた元旦那と会話するため、Skypeを繋いだ時だ。







そして、雑談掲示板から初めて、
雑談相手の人と動画を繋いで、話すことになった。

当時オナイ年の、32歳の男性だった。







結局、3年ほど定期的に通話を続けるほど、
友達として相性の良い人だったんだけど、

“初めまして”は最悪のスタートだった。







Skypeが繋がると同時に、相手は、

『死に◯い』と呟いたのだ。







当時のKeipakasan『いやいや、どうしたんよ?💧』

Yくん『俺は、この部屋で一生独身で、孤◯死する。』

当時のKeipakasan『パートナーができへんことが悩みか?』

Yくん『……(画面の向こうで無言で頷く)』







前にも書いた話だと思うので、細かいことはすっ飛ばして、
結論から書く。

私が色々と2年ぐらいかけてアドバイスして、3年後には、
彼は可愛い女性と結婚した。







報酬金もらってもいいくらいや!←     www







もといもとい、

この話を、しょーもない男尊女卑オヤジにしたら、
『俺やったら、最初の一言で通話切る。』

と言っていた。







“お前、男尊女卑なだけじゃなくて、
いいとこ、全くねぇな。ケ◯の穴の小さい男め!”

と心の中で悪態つきながら、
その頃のことを思い出していた。







どうして、
ネガティブ発言のYくんに付き合い続けたかって、

なんやかんや言って、
ちゃんと行動に移すタイプというのが、分かったから。







私のアドバイスを聞くなり、少なくとも週末には、
彼は全て実行に移していた。

例えば、髪型をアドバイスすれば、散髪屋に行き、
パーティーの話をしたら、参加していた。 







タイトルなんだけど、
この安全な国では、基本的に人助けしたい人も多い。

でも、『誰の』『何を』助けるのかは、躊躇する。







ただの徒労で終わったり、相手に迷惑がられたら、
疲労感や無力感みたいな、余計なものを背負い込む。

特に、最近は精神疾患系や機能不全家族系、発達障害、
ありとあらゆることを自ら吐露する人が多くて、
個人が関わっていいものか、判断が難しい。







私は多分、数は少ないけど、
深く接してきた方だと思う。(前の旦那さんもそうだし。)

その中でも、自分が線引きしているのは、
『相手が、その人なりの努力をしているか。』







いや、問題を抱えているんだから、努力できないんじゃ?

と思うかもしれないけれど、
やっぱり、なんとなく人間性が分かれるところだと思う。






 
前の旦那さんもすごく辛そうだったし、
人格が変わってしまったんじゃ?と思うこともあったけど、

あぁ、やっぱりこの人は頑張ってるんだな、
他人のことも慮ってるんだな、って、はっきり分かった。







私が20代後半の頃に、2、3歳年下の女の子で、
だいぶ症状の激しいタイプの子がいたんだけど、

その子も同じだった。

“これ以上、迷惑かけちゃいけない!”とか、
“私が他の人にできること”を、真剣に考えて、
ちゃんとできることは実行に移している子だった。







夜中の電話に付き合うことや、
かなりの虚言に、驚かされることもあったけど、

彼女自身が努力しているっていうのが、行動で分かった。







障害やら、家庭問題やら、
人生にはいっぱいいっぱい、難問があって、
時に人は支え合わなきゃいけないけど、

ずっと同じことを繰り返して、
人からパワーだけ奪っていく人はだめ。







なんとなくね、ふと、Yくんのことを思い出したから。

こんなこと、書いてみた。元気にしてたらいいな。