色んな国の人が集まる場って、難しい。

でも、あんまり激しいのは見たことがない。







海外で住んでいた日本の人達が言うには、
こちらに来ている外国人達は、日本好きで、
 
それなりに、日本に合わせているとのこと。







でも、今日は、
怒鳴り声をあげて1人の女性が皆の前でキレた。

怒ったのはアメリカ人女性、相手は日本人女性







このアメリカ人女性は、舌足らずな感じで、
ゆっくりと話す。

成り行きから察するに、
何かしらの障害を持った方なのだと思う。







日本語で話す人でそういう人がいたら、
私達は瞬時に察することができる。

でも、海外の方の見た目で、英語だと分からない。







このアクシデントが起こるまで、
私は“ドラッグをやっている人”と勘ぐっていた。

目の下がかなり青黒いこともあって。







もしくは、このイベントに来る前に、
すでにどこかで一杯ひっかけてきて酔っていると。

海外の方は、女性でもかなり飲む人がいるから。







もとい、怒られた日本人の若い女の子は、

『あなたはもうだいぶ酔っているようだから、、』

と悪気なしに発言をしたのだ。







すごい勢いで怒られた女の子は、
トイレから出てこなくなって、

再び、みんなの前に現れた時には、目が赤かった。







少し気の毒に感じた。
私だって分からなかったから。

もう1人、私より更に年配の女性がいたけれど、
その人だって、きっと分からなかっただろうと思う。







ただ、すぐに口に出さない、
という『ワンテンポ待ち』を、年がいった人間はできる。

彼女とほかの人達の違いは、きっとそれだけだったと思う。






 
国際交流の場では、
英語のレベルの差や、輪の中心、ないがしろ、、などの、
そういったことで不快感を感じる人はいるけれど、

今日みたいなのは、 初めてだ。うーん、ホント難しいね。