私は軽症のものにかかっていたようですヽ(´o`;

※ 1番暑さが酷かった、8月2週目ぐらい。







とりあえず、あり得ないぐらいよく寝ました。

8月中、、不謹慎だけど、コロナで良かったです。







好きな時間に寝倒して、元気のある時に仕事してました。

元々、“生産請負制”が合っているタイプの人間なので、
コロナがおさまっても、この働き方を継続して欲しい。







どうでもいい人の愚痴なんて、職場で聞きたくないし、
『仕事してますよ』のポーズなんて、とりたくないし。

この点は、若い頃から一貫してる。







はよ、群れる社会、変わってくれ。







話は変わるんですけど、
お年を召した方の書かれた本を読むのが好きです。

最近彼らは、
“孤独でいい”ということをよく書かれています。 







前時代の女性達は、
子供、孫が自分のところへ来て、が理想だったと思う。

だけど、最近の方々は、“お互い無理しないでおこう”
なんだと思う。







家族にしがみつかない、となると、必要になるのは、
『自分時間』をいかに飼い慣らすかだと思う。

自分の場合、仕事する、ご飯食べる、寝るは慣れた。
(親、旦那の給料抜きでという意味)







仕事、運動、勉強、これはいつもしていたい。







以前は、仕事先の人間関係が難儀過ぎて、
『運動、勉強』どころじゃなかった。でも今は大丈夫。

この点は、ある時、突然、空が晴れ渡ったように。







若い頃は、若い私に嫉妬する人に困っていた。

その後は、学校の仕事が大変過ぎて困っていた。
(それも、人間関係)







ずっと、私が悪いんだと自分を責めていた。

でも、誰がやっても大変だと、離れて分かった。







もとい、運動や勉強が、億劫な人が多くいる。

私はどちらも“堅いもの”だと思っていない。







特に、身体をよく壊すようになった、中年以降は。







それこそ、他人との戦いじゃなくて、自分との戦い。

今、週1必ず、下手くそなダンス動画をアップしてる。







そのために、どうすれば坐骨神経痛が和らぐか、
ジムに行った日や家でストレッチしている時考える。

段々、自分の身体の弱いところが分かってきた。







イタリア語を勉強している。

交流しているイタリア人によくイライラする。
でも、“あぁ、この人達と話しているうちに、いつかは”

と思うと、あまりイライラしなくなった。







ダンスもイタリア語も、他人のレベルなんて
どうでもいい。

私がこれからも、1人の人生を飼い慣らすために楽しむ。