現代は、『お一人様、お一人様』とよく騒ぎ立てるけれど、

私たちは、病気になるレベルの孤独ではないと思う(*´ω`*)







歴史上のニュースなどにある、“他の人から隔離されて、、”
みたいな状況のみが、孤独なのだと思う。

じゃあ、私達が使っている『孤独』という言葉はなんなのさ?
という疑問に、私ならこう答える。







無意識的に、自分が望んでいる状態。







女性グループに所属して、嫌な悪口大会に『うんうん、そうだね。』
なんてしたくないでしょ?

かなり時代錯誤な価値観の年配の人や勘違い男に、
いいように使われて、エネルギーを消耗したくないでしょ?







そこを強行突破した結果、『孤独』になっているんだと思う。

そして、私もそういう人間の1人。







だけどね、職場ではサラッと笑って冗談も言い合うし、

副業先でも色々話すし、英会話カフェで出会った人とも笑い合う。







空手の人とも話すし、たまにLINEやSkypeのリストの人と話すし。

むしろ、昭和初期の人なんかと比べたら、人と絡みすぎなくらい。







1人の時は1人で堂々としてよう