今日は家庭教師の後に、
言語交流会系のイベントに参加していた。

目の前に座っていた日本人男性が、挙動不審







聞けば、41歳オナイ年

髪は薄くなりつつあり、歯の虫歯治療後も目立っている。







ちなみに、先に断っておくが、

私は彼の見た目に言及したいわけじゃない。







イベント終了後、
手当たり次第に参加していた女性にLINEを聞いている。

そして、彼と一緒に参加していた他の男性に目配せ。







私は、自分と偶然、出身大学が同じだった女の子と駅へ。

その41歳の男性は、私達の会話に失礼な方法で割り込み、
話しかけたわりに人の話は聞かずに、私たちをBARへ誘う。







そして、あろうことか、

私たちよりご年配であっただろう女性の悪口を言い始める。







世間や女性をなめている、まだ世間を知らないガキがする言動を、

1つ残らずやってのける、薄毛の41歳の男







『イベントを主催しているから、LINEに人を追加しても、
誰だったか忘れちゃうんだよねぇ~。』と、

先程、LINEに追加したばかりの女の子を目の前に言う。







馬鹿なオヤジがいたものだ







平均的な40代、LINEにしょっちゅう人から連絡が入ったりしない。
(仕事関係を除く)

それを『寂しい』と思うのは、情けないと私は思う。







私達世代には、私達世代のやり方があっていいんじゃないかな。
(20代男子が誰にでも誠実で世間を知っていたら、最強だけどね。)

現代って40代は、まだ難しい年代だと思う。
晩婚化が進んでいるし、同世代の人たちの見た目が若くなっている。







だけど、それならば、離婚後ハチャメチャやった私は、

人より先に、もっと『孤独を噛み締めれる』、渋い中年になろうと思う。