Jさんがやっと、本当のことを話してくれた。

『本当は、もうすぐフランスに帰らないといけないし、』
『ちょっと前は真剣に日本人の彼女を探していたけど、』







『短期間で人生を共にできる人なんて、決められない。』

『今は、sexフレンドになってくれる人がいたとしたら、』
『noとは言えない。男だから。。。』と。







離婚して、久し振りに恋活を始めていた頃だったら、
すごく怒るか、べコンと凹んでいたかもしれない。

でも、今は「はっきり言ってくれるアナタ、ありがとう」
と思うことと、 こんな1つ1つの経験を、







人にアドバイスできるようになった時に、
どうやって伝えようかと、そればかりを考えている。

だから、ここに文章にまとめることを絶対やめない(*´-`)







ところで最近、母の様子が変わった。(近年徐々に。)

すごく世間体を気にする人で、鬼のようだったのに、
私に寄り添うLINEの文章をうてるようになった。 







以前は、私がメッセージを入れたら即返信で、
それがいかにも感情的で、

『私のために頑張りなさいよ!』
と薄っすら聴こえてきそうな内容だったんだけど、

最近は一晩経ってから、丁寧な長文が返ってくる。







私の実家の家族は、母以外は世間体を気にしない。

自慢のような書き方になったら申し訳ないのだけれど、
それぞれ自分の内容に満足しているから、心が安定している。







身内のことをこんな風に書くのは悲しいけれど、
母は長いこと、自分に強烈にコンプレックスを感じていた。

だから、
娘が◯◯な職業で頑張っている、が昔から重要な人だった。







姉は、それを悉く叶えてあげている。
もともと、全てが出来る人だったし、彼女の夢とも沿っている。

私は、キャリアの話は重きを置いていない人間
負け惜しみじゃなくて、本当に『生きていることが楽しい』優先







だから仕事を辞めようとすると、母から、
私を庇う内容じゃなくて、強烈な批判が飛んできていたから、

不安定になることも多かった。でも、今は大丈夫(*´-`)







嫌々続けていた職業のことも、ちゃんと書きたいんだけど、

まだ書かずにいる。私達の職業のことを、分かる人は少ない。
だから、世間には批判したい人がいっぱい。







あっちこっちから批判されて、私は今、それじゃダメなの。

しかも、その批判する誰も彼もが、私より頑張っていない人
(結果を出していない人)







私はちゃんと自分をケアしてあげて、大事に扱ってあげる。
それでいて『正当な努力をやめない』でいる。

ずっと頑張ってきてるでしょ、国際恋愛







ちゃんと手に入れるし、
将来、困っている誰かに親切にアドバイスしたい。

『あれを手に入れたい!』って本気で思っている人のために、
仕事をしたいの。今までの本業と違ってね。







あと2日、つかの間のお休み。ゆっくりするぞ(⌒▽⌒)

おやすみなさい、また会いましょう。