空手の審査に「逆立ちで歩く」があるらしく、

10月ノンビリしてようと思っていたけど、そうもいかない







私の人生のどこに、
「逆立ちで歩く」ことが必要になるのかは分からないけど、

1ヶ月後には、なんとか歩けるようになろうと思う。←そういう人w







もとい、国際恋愛のこと。

2018年以前に続けていたブログがなくなってしまったので、
ちょくちょく思い出しながら、国際恋愛について書いていこうと思う。

私の醜態を踏み台がわりにして、誰かの役に立てば幸い。







2015年離婚後、私が始めて恋愛をした相手は、

アメリカから来たばかりのアメリカ人と日本人のハーフの男性。







今となっては、どういうルーツなんだ???と疑問符だらけですが、

彼のお母さんは「日本国籍」だけど、日本語が話せない人







けれども、彼自身、アメリカにいる間に日本語の漫画を読んだり、
日本の音楽を聞いたりして、

微妙な片言の日本語は話せる人だった。







まどろっこしい書き方は、省略する。

私は彼が使う「彼氏・彼女」という薄っぺらい言葉に騙されて、
何度かsexをしてしまった。

一応付け足すけれど、2・3度は断っている。だってホントだもん。







数日間、私の家に泊まっていたこともあったし、
お金も出してくれていたし、毎回料理も作ってくれました。

真剣な付き合いではなかったにせよ、
入り口としては、完全なやり逃げ目的でもなかったのかも。







寂しいとsexしたいと、

でも、ちゃんとした付き合いはめんどくさいと。
そんな感じだったんだと思います。







ある時、突然、LINEの返信がかえってこなくなりました。

私は焦りました。こちらからすると、本当に突然でした。







毎日、それなりの恋人らしい、やり取りがあったからです。

※ ちなみに、急激に温まって、急に去る男性多い気がする。







国際恋愛に詳しい友達に相談しました。(女性)

彼女には、日本人の旦那様がいるのですが、
それ以前は、外専女子だったようです。

英検1級保持者で、TOIEC990点スコアの怪物ですw
(尊敬の念をこめて)







彼女がこの相談に一言目に答えたのは、

「国際恋愛は難しいよ。おすすめしない。」







英語ペラペラ、フランス語ペラペラの彼女がいうんだもん。

言語どうこうではないんだろう。今なら、そう思う。







4年が経とうという今、私は彼のことを全く思い出さない。

女が大事にされない恋愛なんて、所詮そんなものだと思う。
男の側だって、得した感も何もなく、すぐに枯渇するんだろう。







私の初めての国際恋愛の相手は、レベルの低い人でした。

さ、次。。。。て、こんなのばっかり続くよ(^_^;)