☆ケイパンチョーナ☆

バツイチ、子なしのブログ主Keipakasanです(*^^*) 数々の国際交流の末に、日本における『欧米崇拝』『白人広告起用の多さ』に嫌気がさしているイチ貧民アラフォー女です。40代が恋愛できないなんて、迷信だぁ🎶を証明するため、日々精進中🎶

2019年12月

★クリぼっちの過ごし方(*´-`)★

私のオススメは教会へ行くこと。

12月中は、特別ミサを色んな日程でやっている。







とは言っても、

人生の中に『礼拝』なんてなかった人にとっては、
異様な光景かもしれない( ̄▽ ̄;) 

大丈夫、聖書や賛美歌はいらないし、慣れるからw







ちなみに、Keipakasanは、

中高6年間、毎日聖書を読んで礼拝する学校に通ったから、
違和感は全くないです。







ところで、

日本人は、宗教っていうと「勧誘がセット」だったり、
「心が病みきった人が最終的にすがる場所」

というイメージを、漠然と持っていると思う。







ただ、考えてみて欲しい。

世界の人口の3分の1や、5分の1の人が信じている大きな宗教が、
そんなに怪しかったら、この世の中はだいぶ住みにくいだろう💧



3F62BC06-E929-40B1-A89E-28DC45F15355



ムスリム彼氏(イスラム教徒)がいる時には、
彼と一緒に東京の大きなムスクにも行ってみたし、

日本語に訳された書物も読んでみた。本、好きだし。







色々と違いはあれど、
どちらの宗教も人々の心の平安を願うものであって、

怪しいや危ないや、偏ったことは一切誰も言わない。







もとい、教会

私は多感な思春期の頃に、
初めて礼拝の中で牧師さんの講話を聞いて、

『今までで1番、知りたかったような話をしてくれる大人』

に出会ったと感じた。







心臓病を持って生まれて、
人生のスタートが心臓病病棟での入院からだったし、

1番最初の記憶が、やっぱり何か、特殊な話を聞いたり、
特殊な体験だったりで、頭の中で整理できないことが多かった。







特に、『どうして、私は運動をしたらアカンのか。』

そのことによって、学生時代のヒエラルキーだって変わるし、
何より、自分の能力を存分に発揮できないことが悔しかった。







親や周りの大人(学校の先生)の責任に関わるところまでは、
ルールに従うことにしたけれど、いつも釈然としなかった。

もちろん、礼拝で話を聞いたって、そんなことは解決しないけど、
周りの子達の「昨日、なんのテレビを見たか」「好きな男の子」







そんな話よりは、ずっと、牧師さんの話は、

「大人とか、世界の人たちは、悩みの中生きてるんやなぁ。」
「スパッと割り切れることだけが、人生じゃないんやな。」

と腑に落ちるような感じがあったんだ。







だた、私は典型的な日本育ちの日本人で、
この国のクリスマスの過ごし方も好きだし、堪能してきた。

若い頃の彼氏には、イブにペアリングを買ってもらったし、
元旦那さんとは、毎年お気に入りのケーキを食べていたし。 







イルミネーションの綺麗さを否定することはできないさ。笑

まぁ、でも、恋愛はそのうち、なんとかなるっしょ( ´ ▽ ` )
だから、今年もクリスマスは教会で過ごすと思う✨


A50B1313-03FA-43EB-A4D3-BDB89DFF0E85

 

★ボケーっとすることの大事さ★

仕事と仕事の合間なので、単発の仕事などしている。

昨日は工場でひたすら、あるものを梱包していたw







その現場に、誰にでも声かけしちゃう同年代の女性が。







最初は、
「あかんあかん、この人厄介そうや、関わらんとこ 」
と思っていたんだけど、

声かけの内容やタイミング、本人の手元の仕事、
どれをとってもマズいところがないので、考え方を変えた。







聞けば、かなり成功している女性経営者

現場に出ることがなくなって、遊ぶのも散々遊んで、
今は他の社会を見るために、 時々日雇いをしているらしい。







私だったら、まだまだ遊びまくるだろうに、、( ̄▽ ̄;)

というか、日がな一日ボケ〜っとするだろうになんて、
聞きながら思っていた。







仕事で成功する人って、やっぱり仕事が好きなんだね。







すごく話が飛ぶんだけれど、
以前、散々愚痴を書いていた私の母のこと。

ここのところ、ずーーーっと機嫌がいい。
私が知っているうちの、母の良い部分だけが持続している。







引っ越しの書類のことで、久しぶりに姉に会うと、

「お母さん、最近ずっと寝てる(−_−;)
と言っていた。

母は、できるだけ寝ていたい人だということを思い出した。 







学生の頃、勉強しようとすると「止める」ような母だった。

私の病気を心配して、、というのもあって、
『できる限り、ボーッとして安静に』とよく言われていた。







私も母も、よくボケ〜っとカーペットの上で寝ていたw







アタフタしても、アタフタしなくても、
どんどんドンドン、毎日色んなことがやってくるんだし、

できる限り、ボーッとを心がけよう。母と関係が良好なんだし、
ほっといても、そのうち恋愛はなんとかなるだろう。







なんともならなかった関係なのに、不思議なほど平和

何十年ぶりだよ、すごいね。


 

★A君、帰国★

木曜日にA君が帰国した。

ただのチャット友達なので、もちろん見送ったりはないw







彼からはかなり色々なことを学ばせてもらったと思う。

「若い」ということと、「ある意味、まだ正直」ということから、
こちらに来ている外国人男性が、どうやってsexを獲得するのか、

手の内はどんなものかということを教えてくれた。※ 紳士もどこかには







いつも彼は、sexした相手のことを「girlfriend」と呼んでいたが、
普通は急にそうならない。リップサービス、日本流に便乗なのだろう。

げんに、11月頃から付き合いだして、今週まで「付き合っていた彼女」
は、クリスマスもハッピーニューイヤーも彼と過ごせないんだから、







騙されたに近いだろう(;・∀・)  ※日本人の女の子







昨年デートしていたG君に、「Aはsexしたいだけのフランスの恥だから。」
とあらかじめ聞いていたので、私は最初から色々嘘を間に受けなかった。

結局、どちらの2人ともsexせずにいて良かった良かった







恋活初期は、かなり単純な罠によくひっかかっていたけど、

A君のおかげで、決定的に外国人男子たちのやり口がすべてわかって、
ほんとに良かった(*^^*) 彼は今頃、母国の彼女といたりするんだろう

欧米男子、ほんま怖いよなぁ。。よく、そんなにケロッと嘘がつけるもんだ。



★個人の時代と感じることが多くなった★

もうすぐ引っ越しをするので、
引っ越し先近くの塾に応募した。 ※次の仕事も副業OK

筆記試験が通って、さぁ研修というときに、
社員さんの不手際で、2時間ただ部屋に閉じ込められた。






その先の説明も全くないし、誰も見つからないので、
メモをおいて帰った。(次の予定のことは言っていた。)

次の日かかってきた電話で、「社会人としてありえない。」
と言われた。







あなたに、ブーメランしたほうがよろしいですか??苦笑







「社会人として」という言葉が便利なのは、
大学生バイトが、自分が悪くないことも自責するからだ。

どうもブラックな匂いがするので、勤務しないことにした。







私はしょっちゅう個人契約で、家庭教師をしている。

色々なことはあるけれど、だいたい成績を上げているし、
志望校を言われていたら、合格させている。







ところが同じ人が同じように教えているのに、
塾で勤務すると、思うような成果が出ないことが多くある。

「組織に従わなければいけないアレヤコレヤ」が、
足手まといになるからだ。







すごく仕事ができる人だと、
どんな環境でも結果を出すと思う。でも私は、すごくない。

「朝早く起きたくないし、ネクタイなんか締めたくないわ!」と、
自営業を始めた父を見て育ってきているので、好き勝手。







私という個人に、
納得してお金を払ってくれている人に満足してもらえれば、

誰かが決めた「社会人として」からは、外れていることもある。







かと言って、相手が不快になる話し方をするわけでもないし、
いい加減に済ませるわけでもない。(むしろ手間暇かける。)

なんやねん、この国の「社会人として」っていうのは、古臭い。







恋愛も仕事も、
「頑張る」と「奴隷マインド」は違う気がする。

好きでもないオラオラ男に迎合するなら、舌噛んで◎んだ方がマシでしょ?

仕事だって、どこまでもどこまでも我慢する必要はない。
もっと自分個人を信じたらいい。



★頼りない通訳者Keipakasan★

アメリカ人のD君は、
逐一『今日、稽古に参加するかどうか』報告してくれる。

わかってる、私のことが好きとかそういうことじゃない 







道場は【空手】が好きで、集まっている人達の場なので、
“英語がどうこう”なんて、どうでもいい人が大半

なので、私はかなり話せる部類の人になっている(;´д`)







だから、私がいる方が安心するんだと思う。

予定をお互いに言い合っていると、合流しやすい(*´-`)

※ 社会人の稽古だから、もちろん好きな曜日を選べる。







ところで、ここのブログにもアップした、
ツーショットのファイティングポーズの画像を、

D君もLINEのタイムラインでアップしている 🎵(´∀`*)🎶







多分、彼のメイントークアプリはwhatsappだろうから、
LINEのタイムラインは、そんなに使っていないはず。

でも、嬉しいことに、
彼のタイムラインに女性が登場するのは、私が初めて。







そいでもって、

好青年だけあって、みるみるうちにスゴイ数の『いいね』

なんかなぁ、彼みたいな誠実で、趣味も一緒で、
友達たちからの信頼も厚い人が彼氏だったら最高なのにな。







どう考えても、年離れすぎてるし、
イロイロ無理に決まってるけど、

【乙女心】持ってるだけはありだよね。通訳がんばるばるばる。

 
読者登録
LINE読者登録QRコード
ギャラリー
  • ★ところで、ネックレスの宝石部分★
  • ★本日、私の誕生日(^-^)【追記あり】★
  • ★本日、私の誕生日(^-^)【追記あり】★
  • ★本日、ホルモン治療開始(*´-`)★
  • ★1日中、新しいタイトル考えてた★
  • ★皮肉な診断結果に笑う★
  • ★デートしました④★
  • ★久しぶりに空手に行った(*´-`)★
  • ★人生は決断の連続★