Mixiが全盛期の頃、私には知り合いが大勢いた。

日記を書くと、かなりの数のコメントがついて、
返信するのが第2の仕事のようになっていた。

※ コミュニティーを立ち上げて、幹事をしていたので。







20代の頃の私は、心の広い人風味の人間

ところで、みりん風味がみりんじゃないっていうw







大学が芸術学部系だったこともあり(後に理系学部へ)
GLBT系の人たちとも早くから交流があったし、

若い人独特の楽しさの中、柔軟な思考の持ち主だった。







もとい、mixiのコミュニティーを継続していく中で、

誰かに話を聞いて欲しいだけの人や、
つっかかりたくてしょうがない人が私を見つけ、

背負い込むようになってしまった。必要ないのに💧







28歳のときだったと思う。

ついに、自分が無理をしていることに気づき、
SNSやスマホ、全てを解約して、テレカ生活に突入

※ 必要なときだけ公衆電話から、人に連絡する生活







そして、なんと6年間もそれで過ごしたw







正しい選択だったと思う。

『私が苦しいのを、あなたが助けるべきだ!』と思っている、
狂った人が世の中にたくさんいるということを体感した。

鬱にでもなる前に防衛した過去の私、グッジョブだ。







ところで、“柔軟な思考”についてだ。

生き方が多様化されている現代、
色んな価値観を認められる人は『器の大きな人』と褒められる。







でも、無理はあかん。ほんとにアカン。







例えば、誕生日にはケーキとプレゼント、『おめでとう』の言葉、
これは絶対外せない!という女性が、

“誕生日なんて、1年のうちの1日に過ぎないから気にしないよ。”

と彼氏に言ってはいけない。







そんな面倒くさい女、現代にそぐわない!と相手がいうなら、

“あぁ、そうですか。あなたも私の彼氏にそぐわないです。”

と言えばいいと思う。







タイトルなんですが、アラフォー女は年下男にカモられますw

※ 毎回毎回というわけじゃないですが( ;´Д`)







『年上の女は、包容力で年下君を包んであげなきゃね。』

なんて、無理して思わなくていいと思います。







無理がなければ、思ってください。







私、思うんですけど、
甘やかして甘やかして育つ男なんているんでしょうか?

明確なヒントを与えた後、放置

それで、育たない男は、煮ても焼いても育たないですw







離婚後、若い男の人とも何度もデートしてきましたが、

合わせる必要がない、、、というか、
既婚者と若い男は、自分の人生に邪魔になる気がします。