私には、ほどほど『性格が悪い』ところがある。

そして、ほどほどに『性格が良い』ところもある。







もとい、自分で自分の性格について、
評価できるところの1つに、

『女性に(故意に)嫌がらせをしたことがない。』
『女の人には、かなり親切にしてきた。』

というのがある。







それどころか、
可愛いことが原因でいじめられていた女の子を、

中学時代に、助けたことすらある。 ←武勇伝w







多分、母の教育や教えの影響があると思う。

「女の人はややこしいから、とことん気をつかえ。」
「男と女がおったら、男なんかほっといたらええんや。」

というもの。子供の頃から、守っていた気がするw







初めに就職した会社で、
お局さんにいじめられたのだけど、

未だにその人の気持ちは、わかるようでわからない。







私より若かったり、見た目が良かったり、
男性にチヤホヤされている女性がいたとして、

まず、通常、まったく嫉妬の気持ちが湧かない。

それは、40代になった今でも変わらない。







ただ、自分が好きになった人が、
自分より可愛い人と仲良くしていたら、

さすがに嫉妬する。

だから、『嫉妬』が分からないわけではない。
し、自分より見た目がいい人にイライラする気持ちもわかる。







でも、その気持ちを実行にうつすというのは、理解できない。
馬鹿げてる。

話が回りくどくなっているけど、V君が話していた女性

※ 2つほど前の日記で、おっぱい女と呼んでしまった、、、







今日、彼女と空手のレッスンで一緒だったんだけど、

どう考えても、びっくりするぐらいイイ子だった(・_・;)

着替えをしていてわかったんだけど、寄せて上げて、
おっぱいを強調しているのは事実として、、w







その人が『私の武器だ』と思うところは、使えばいいさ。

そんなこと、他人がとやかく羨ましがるべきところじゃない。







ところで、今日のレッスンでは、

『男性を思う存分、殴る蹴るして良い。』というものがあった。嬉

ちなみに、男性は受けても、やり返してもダメ(*´∀`)







いやぁ、なんて言うんでしょ、、、、

こんな気持ちのいいことが、人生にあっていいんだろうかという







おっぱい女は、パンチやキックがそんなに強くないらしく、
(彼女のことは好きになったけど、このニックネームは引き続きw)

男性陣も我慢してうけていたんだけど、

私がやったら、1人は逃げ出し始めて、もう1人は練習後睨んできた







先生と黒帯の人達はさすがにすごい人達で、

『ちょ、、、この人のキックもパンチも、重くないっすか?

なんて言いながらも、逃げずに受け続けてくれました。







私のほんまにほんまに性格の悪いところ、、、

男性が殴られた末に悔しくて睨んでくるとか、







快感でしょうがないのです(;・∀・)

『お前が戦う相手は、男や!』と母に育てられてきたので。







あかんは、これはブログにしか書けないや。
絶対、やばい性癖もってるはずやわ、私。。。笑

空手のこの練習、幸せ過ぎる。