これは、自分に向かって書いている文章でもあるんだけど、

でも、タイトルの通り、そういう人にも読んでほしい。







Keipakasan、無一文どころか、借金もある状態で離婚した。
(これに関しては自分が悪いんだけどさw)

離婚したその年は、働きすぎて倒れて、3週間入院もした。
(休みの取れない仕事だったので辞めて、その後関東へ。)







1人の部屋で動けなくなって、救急車で運ばれたとき、

もう明るく笑う日は来ないんじゃないかって、一瞬思った。







半年休みがなかったせいで、精神もやられてたんだろうね。

恋活をがんばろうって、意気込んで関東まで行って、
でも、辛い結末ばかりで。







あぁ、もうパートナーも子供も無理なんだろうなって、

去年度あたりは、老いていく自分の顔を見るのが嫌になって。







仲良くしてくれていた人にも、変な自分を見せるようになって、
距離を置かれたりして。(そういう風に、自分がもっていった。)

実家とも全く連絡をとらない状態になって、







でも、強がりな頃さえ抜けて、今は、何も不安じゃない。

まずは、仕事が安定したこと。
(というか、これが一番の安定剤かも。)







なんやかんやで、艶のある会話を男性たちと今もしていること。

教会が居心地が良いと知ったこと。







全ては、本当になんとかなるもんだね。

あと、人に嫌われることとか、「自分は全くの1人だ」とか、
そんなこと怖くないよ。ほんとに怖くないよ、

孤独を引き受けてしまえばいい。







1人でいると集中してできること、いっぱいあるから。

自分のことや、歩いていて視界に入る自然や、「あぁ、幸せだなぁ」て。
それで、大丈夫。つらくなったら、このブログにも、来て欲しい。

独身1人暮らし、孤独、高年齢、、、全部、ほんとに大丈夫だから!







私達の間に会話はなくても、知ってるから。

そいで、なんとか、お互いにがんばってこう!