私がひきずっている、フランス人G君との恋愛

※ でも、復縁は希望していません。彼の性格もダメです。







外国人との恋活の中では、
かなりマトモだったG君とのデーティング

その期間に出会ったのが、彼の日本での友達A君だ。







欧州は多分、カップル文化で(特にフランスやラテン国)、
気に入った女性をどんどん仲間うちの遊びに参加させる。

ところで、日本は、恋愛初期は2人の世界を大事にするよね
これで、喧嘩になったカップルの話を何組か知っている。







もとい、G君は、A君のことが苦手だ。
日本でのシェアハウス生活の間の付き合いと割り切っている。

というのも、A君は典型的な「アニマル外国人」だからだ







A君と私は、G君をはさんだ飲み会のときにはLINEを交換しなかった。

が、、、
よりにもよって、出会い系アプリで彼は私にメッセージを送ってきた。 

※  それ以来、私はアプリからアカウントを削除しましたw







初め、A君は私を「あの日本人女性」と認識することもできず、
そのまま、私達は1ヶ月もメッセージのやり取りを続けた。

「アニマル外国人」とは、そういうものだ。笑







けれども、A君の可愛いところは、(救いようのあるところは、)

“フランス人独特のプライドの高さが全くなく”







「僕は、女の人が大好きで大好きで、しょうがなくってさ(*^^*)」

と屈託なく笑い、







少し堅物な(プライドの高い)私に、めちゃくちゃに貶されても、

次回には、全て忘れてメッセージを送ってくるところだ。







ほんとに、全てのことが「薄目をあけて生きてる感じ」なのか、
「かなりの大物」なのか、

笑ってしまうのです。今回も、私の網タイツ画像につられて、
前回、私にむちゃくちゃ貶されたことを忘れて、、、、






メッセージを送ってきました。

「シモ外国人」とは、ある意味、ずっと文通相手でいられますw
語学の勉強をしたい場合は、こういう人を選ぶのも1つの手かもww