☆40歳からの友活・恋活☆

バツイチ、子なしのブログ主Keipakasanです(*^^*) 留学経験、海外移住経験一切ナシのアラフォーですが、海外国籍の人達と多く交流していますヽ(=´▽`=)ノ 中年以降の凝り固まった自分の価値観のほぐし方など、一緒に考えてみませんか?人生ハードモードの今も、なんとなく楽しい日々です♬

★私の視野の狭い部分★

国語の指導が好きだ。

※ 国語の指導が『上手い』とは別物






私は数学の先生だった。
どうして、数学という教科を選んだのかという理由は2つ

① 学生時代、1番嫌いな教科だったから
② 塾で指導したら、軒並み生徒さんの点数が上がったから







好きかどうかじゃなくて、

実際にニーズがあるかどうかや、適正があるかどうかで、
大人になってから教える教科を決めた。







もとい、どうして国語指導が好きかって、

『お金をもらいながら、良質な文章が読めるから。』







学生の頃は、課題として出される文章に興味がなかった。

でも今は、生徒さん達が持ち帰ってきた文章を読めば読むほど、
感慨深くなってしまう。入試問題なんて、溜息が出るぐらい←w







今日、1つの文章を読んでいて、ハートを鷲掴みにされた







私達の時代も、今の時代も、

『メディアの伝え方が変わって』、『環境破壊が進んで』、
『家族の形態が変わって』、『グローバル時代が訪れて』、

など変わらない切り口、内容のものは多いのだけれど、







【欧米では】という文章に、変化を見つけたのだ!







私達の時代は、
日本との違いを論じつつ、どちらもありだよねと言いつつ、

『欧米すごいよね!見習おうぜ!!』というテイストだった。







それが、なんと、今日読んだ文章の要約の最終選択肢が、

○ 相手の話している内容を咀嚼した上で、自分の意見を言う。

○ 自分が通したい意見があれば、相手をねじ伏せてでも言う。







どちらが、欧米的かと選ばせるものの答えが、後者だったのだ!







私の心優しき生徒さんは、
『正論』を選ぶべきと思って、誤答していたのだけれど、

私は即答で、正解を選んでいた。実体験からの感想







国語の文章が、
[お利口ちゃん]なのではなく、現実に近いなんて、

胸が熱くなったよ。







ところで、【欧米】と一括りにするのは、乱暴だし、

私が嫌いなテイストの国がいくつかあるのは、
タイトルの通り、私の視野の狭さであり個人的なものだ。







ただ、
日本の英語の先生達が、外国人の先生たちのワガママに、、、

という場面は、何度も見てきた。そう、その辺りの国の人達ね。。







というか、母国で教育学も教員免許も、
、、、、かじったこともない人が結構いるんだよ(;・∀・)

もちろん、本国で教職をしていた人にも会ったことがある。







その人のことは、日本の先生達も、
『やり方が違うだけで、彼なりの信念がある。』と認めていた。

ある程度、苦労してやっていることは、人間同士通じる。







仕事の話だけじゃない、プライベートでこんなことがあった。

ある欧米の国の男性1人、そして日本人3人が遊ぶことになった。







男性『17時に○○駅に集まろう。近くに焼き鳥屋がある。』







誰が、どこで、何時に仕事が終わるかなど、
全てすっ飛ばしての発言がこれ。

「欧米は、自分も自己主張しよう!」だったとしても、
日本人は、その案でもいけるかもしれないから律儀に考える。







この男性と同じ、周りに意見を聞かない人ばかりが集まれば、
それはそれで心地いいんだろうけど、

ここは日本で、そういうマインドの民族の土地じゃない。







そうなんだから、
【横柄】に見えてもしょうがないんじゃない?と思う。

ここで、国語の文章の選択肢に戻るけど、、、







前時代の私達が、教えられていた、

○ 【欧米】の人達は相手の話している内容を咀嚼した上で、
自分の意見を言う。

は、ただのファンタジーで、現代版の選択肢の方が近いと思う







私は留学したり、海外で住んだことがない。

「語学」以外のことで、どうしてもある国に行った方がためになる。
というのであれば、海外にも住んでみたい。

でも、ただ『異文化の人達』に触れ合いたいなら、
日本にいる人達でも、十分、、いや、かなりの人数の人に会える。
と思っている。







その人達は、日本に興味がある人が多いわけで、

それでも尚、『何、こいつら超ワガママやんけ!』と思うなら、
本当にその人達はワガママだったり横柄なのだと思う。







私の視野の狭い部分でいい。

これからも、相手の意向も聞きながら行動できる人間でいたい。
実際に感じてきた【欧米】的になんて、なりたいと全く思わない。

★フランス人男性2人と公園会合★

会うのが、もう4回目の人
(片方の人は)

悪かった印象が、だんだん良くなっている。







きっと、私の印象はだんだん悪くなってるだろう。

でも、どうでもいい。男性のことは、疲れた。







今、私は知らない人といっぱい話して、
久しぶりに読書して、自分でも小説の続き書いて、

ダンス踊って、数学の問題つくって、家庭教師3件して、







苦しいながらも、充実している

失恋直後はいつもこうなんよ、なんでか輝いてる。
『失恋中毒』なる言葉があるなら、私は中毒患者







もとい、今日ね、

久しぶりにマッサージに行ったの。
個人経営的な、当たり外れがありそうなところ







着替えの部屋に連れて行ってくれるときから、
無愛想なマッサージ師のお姉ちゃん

『え、、、大丈夫かいな』と不安になる。







マッサージって、地味に出費でしょ。

しかも、必要経費じゃないから失敗したくない。







でも、今日は『人に優しくする』って決めてたから、
心の中でなんとなく折り合いつけた。

「もし、このお姉ちゃんのサービスが悪かったとしても、」
「こうやってマッサージにこれて、気持ちよく寝転がって」
「、、、それだけでも、この境遇に感謝しよう(-人-)」







『始めます』のお姉ちゃんのかけ声も、なんとなく投げやり

でも、明るい声で「よろしくお願いします!」と言ってみる。







びっくりした。。

お姉ちゃんのマッサージはめっちゃ上手かったし、
途中で、驚くほど心地よく気遣いしてくれる人だった







結果オーライな話なんじゃなくて、

どんなときも、少しの心の余裕は必要だねって話







若い頃って、『成長しなさい』『成熟しなさい』って、
周りから言われるでしょ。『あなたは、わがままだ』とか。

今は、誰も特に何も言ってこないけど、自分で決めてる。







不完全な自分も認めつつ、

それでも、できるだけポジティブマインドでいようって。
【ありのまま】のほんとのアリノママなんて、私は嫌いだ。







例えば、私たちの二の腕だって、そう。
40代なら『いくらでも、おばさん』らしくなれる。

でも、たまに腕立て伏せしたりするから、
『こばちゃん』ぐらいには、とどめていられる。

何をどう批判されようが、
心や身体に対する、小さな努力はやっぱり美しいと思う。


★今日は誰かに優しいことをしよう★

私は、バツイチ

それで、同じバツイチに会うこともあるんだけど、
前の奥さんの悪口や彼女の悪口を聞いてもいないのに、

ツラツラとまくし立てる人にたまに会う。
(外国人、特にそういう人多い。)







深い思い出を、

軽い口調で簡単に『悪い思い出』にするなら、
「そんな経験なかった方が良かった」と言ってるも同じ

残念な人たち、、







自分が好きになった男(女)のことぐらい、

ずっと何かしら、良い思い出として抱いていようよ。

※  期間や付き合いの深さによるけど







どうして、この世に生まれてきたかって、

家族以外の人間も、
愛せることが目標なんじゃないのかな。とたまに思う。







多分、家族の味方でいられる人は多くいるんだよ。
この世の中

自分が産んだ子供は、可愛くてしょうがないらしい。







マザーテレサれべるのことは、誰もできないけど、
突然現れた人に優しいことができたら、

なんとなく今日1日『マル』な気がする。







私はフツーのフツーの凡人だから、

ほどほどたまに悪いこともするし、
(刑務所に3年いれられるとか、そういうことじゃなくw)

ほどほどたまに良いこともして、バランス取らなきゃと。







さぁ!今日は、1人でもいい、誰かに優しいことするぞ!

人に会えなかったら、ぷちゴミ拾いだ。陰徳、陰徳、、、
 
読者登録
LINE読者登録QRコード
ギャラリー
  • ★陰徳が陰徳でなくなる、私のブログ★
  • ★陰徳が陰徳でなくなる、私のブログ★
  • ★この星は、人の心で回っている★
  • ★山下公園は、愛に溢れている★
  • ★東京、予想以上に人多くてひいた!★
  • ★新幹線、わりと危ない乗り物やね(・_・;  ★
  • ★マスクはアラフォーの最強の味方★
  • ★keipaka、空手やめたんだってよ★
  • ★5月10日、彼に会いに行く★