☆40歳からの友活・恋活☆

バツイチ、子なしのブログ主Keipakasanです(*^^*) 留学経験、海外移住経験一切ナシのアラフォーですが、海外国籍の人達と多く交流していますヽ(=´▽`=)ノ 中年以降の凝り固まった自分の価値観のほぐし方など、一緒に考えてみませんか?人生ハードモードの今も、なんとなく楽しい日々です♬

★アメリカ人の若い女の子と道場へ★

空手を体験してみたいと、
知り合った1人のアメリカ人が言うので、早速

今日、先生役をしてくれた方は、
英語が使える人だったΣ( ̄。 ̄ノ)ノ おぉ、私楽チン。







空手や合気道、書道など、
日本の伝統文化のある場所には、海外の人がいる。

そして、日本人同士、えぇと誰が説明するべ??
という感じで困っていたりする。笑







他の国と陸続きの国じゃないもんね。

そんなオリジナルな感じの国でいいじゃんかね。







「日本人、英語喋れよ!」

じゃなくて、
乗り込んできたそちらもちょいとは勉強しなさい!
ぐらいの持ちつ持たれずが、良いよね(*´-`)







ここは、言いたいことハッキリ言う『大阪国』なので、

どちらかが我慢しすぎずに成り立っていると思う。笑







もっとシッカリ書こうと思ったけど、

稽古出た日は眠たい。。
なので、中途半端ですが、おやすみなさい(( _ _ ))..zzzZZ
 
 

★国際恋愛のエピソード⑤★

ちょうど1年前、
ショックが大きすぎて記事にできなかった、G君とのこと。

人に話せるようになったので、すっかり話してしまう。







G君と私は、パーティー形式の言語交流会で出会った。

日本人ばかりといる時は着ないような服を、
初めて着て行った日のことだ。真っ赤なワンピース。


3D1BBF78-29F1-4546-B3F8-65F9BC89BB09


開始時刻から1時間ほど遅れて会場に入ると、

そこココにもう、輪になって話している人たちがたくさんいた。
さぁ、どの輪に入れてもらおう(*´-`)







そんなことを考えていたら、1人の男性が私を目で追っていた。

海外の男性は(国や個人による話だけど)、
女性の見た目を気にいると、ストレートに視線を投げてくる。







日本の男性でも、そういう人はいるけど、
お行儀がいい感じじゃないし、長くは見ないようにする。

もしくは、相手にバレたくないから、目をそらすと思う。







もとい、私を目で追っていた人、それがフランス人のG君だ。







私は、彼が気になったけど、テキトーに会場を泳いでいた。

そこまで視線を送ってくるのなら、
いずれ相手からやってくるだろうとタカをくくっていたから。







でも、予想に反して、なかなかこちらに来ない。

しばらく見ていると、ちょっとダルそうに、
ずっと会場の端で1人で座っている。(輪から抜けて。)







西洋の男性はスタンディング形式が好きな人が多いから、
少し不思議な感じがした。

しかも、先程話していた人たちと仲睦まじく見えていたから。







あとで思い返せば、彼は本当に体調が悪かったのだ。
(クローン病という難病を患っていて、腹痛を伴っていた。) 

でも、その時は知る由もなく、意を決して話しかけに行った。







彼の話し方は、年の割にはすごく穏やかで、
そして、こういう所で会う人には珍しく、丁寧な人だった。

日本人の漢字の名前に興味をしめす人はいても、







「この漢字は他にはどういう使い方があるの?」
「僕のこの発音で、本当に合ってる?」

と1つ1つ、真剣にたずねてくる人は珍しいからだ。







また話が長くなりそうなので、少し割愛する。

意気投合した私たちと彼のフランス人の友達、
そして台湾男性、もう1人の日本人女性とディナーに向かう。







食事の際にも、違和感をかんじた。

せっかく待ちに待った料理だったのに、
彼がほとんど口にしなかったからだ。

これも、今考えれば、病気のことが原因だったのだ。







帰り際に、みんなでハグをし合った。

連絡先は既に交換していたし、
もう1人の日本人女性とあっさり駅へ向かおうとした。 







そうしたら、彼は私を呼び止め、

恥ずかしそうに持っていたバックから、
「ラベンダーのポプリ」(南フランス出身の人なので。)
を取り出して、私だけに差し出した。







イメージのラベンダーより、少しキツい香りがしたけれど、

とても気に入った男性からだったので、嬉しかった(*^^*)







えっと、もう少し進めるはずだったのですが、

今日はこの後、やることが目白押し、、、
ということで、エピソード⑥へ続かせます( ̄▽ ̄)/またね。


 

★飲みには誘われているのだけれど★

どうしたものか、、、

嫌いな人でもないし、特に何も思わないのだけれど、








特に何も思わないのが、問題なのかな!!ヽ(´o`;

恋って、ほんと難しいなぁ。。







興味のあること誘ってもらえるといいんだけど、
(男の人とお酒飲みに行くの嫌い。)

トレーニングのことなど考え出した私は、
余計に、何も遊びの方にスイッチが入らない







そうだ!国際恋愛のこと。

チュニジア彼氏のことは、
長くなりそうだから最後にして、

次は、A君の友達のG君のことを書くよ(T-T)







去年のハロウィン、それが原因で破局さ。

ハロウィンにみんなで行くのを断ったんだ。
(まぁ、でもそんなことで揺らぐ恋はそこまでだ。)







壁倒立して、ボーッとしよう。

なんか、色々気がのらない。秋だからかな。


 
読者登録
LINE読者登録QRコード
ギャラリー
  • ★陰徳が陰徳でなくなる、私のブログ★
  • ★陰徳が陰徳でなくなる、私のブログ★
  • ★この星は、人の心で回っている★
  • ★山下公園は、愛に溢れている★
  • ★東京、予想以上に人多くてひいた!★
  • ★新幹線、わりと危ない乗り物やね(・_・;  ★
  • ★マスクはアラフォーの最強の味方★
  • ★keipaka、空手やめたんだってよ★
  • ★5月10日、彼に会いに行く★