☆40歳からの友活・恋活☆

バツイチ、子なしのブログ主Keipakasanです(*^^*) 留学経験、海外移住経験一切ナシのアラフォーですが、海外国籍の人達と多く交流していますヽ(=´▽`=)ノ 中年以降の凝り固まった自分の価値観のほぐし方など、一緒に考えてみませんか?人生ハードモードの今も、なんとなく楽しい日々です♬

★41歳の朝帰り★

彼のところに泊まって、そのまま職場に出勤(*´-`)







でも、まだ「して」ないよ(⌒▽⌒)

一緒に映画観て、イチャイチャして、それだけ。







Bad seedsていう映画、隠れ良作だったよ。







何もせずに我慢してくれた彼に感謝、

そして、朝起きたら、2人分のブレックファースト、
私、今日、めっちゃ幸せやぁあああああ







とりあえず、続く続かない関わらず、今を楽しむねん✨

 

★何回だって、恋はやってくる★

チュニジアン彼氏と衝撃の結末を迎え、
そして、さらにG君に振られた後、

私は一時的に、全ての外国人男性が嫌になった。 







そして、自分のことも嫌いになった。

年齢をハンディと感じたり、 
日本人だから駄目なんだと思ったり。

でも、V君、A君、なんだか色々あるうちに、
全ての恋愛がらみのことが『どうでもよくなった。』 







そしてそのコジらせ期間、過去のことを書き出したり、
自分を見つめ直すワークブック形式の啓発本を読んだり、

空手に夢中になったり。(正確には逆立ち歩き。笑)







そしたら、急に自分の中に降りてきたことがあって、







すごく頑張った末に(苦労した末に)

人知れず泣いたことが、自分の人生に何度かあったけど、
それが無駄になったことは一度もないと思い出したんだ。







運動好きの私がどうしてたって、運動部には入れなくて、
いつも1人、部屋で泣いていたこと。

実家の貧乏が原因で、
働いて働いて働いた末に100円のジュースさえ買えなくて、
バイトの帰り道にホロリと涙が頬をつたったこと。







でも、自分の持病、実家の貧乏という2大大変だったこと、

この2つは私を悩ませ続けたけど、嘘のように解決している。







そして、この2つのおかげで、
私は、それ以上の恩恵を受けた。書き表すのは難しいけど。

離婚後、恋活で相当苦労したけど、無駄になるはずなんてない。







これに気がついたら、焦ることがなくなった。

今日、2日ほど前に約束が決まって、
アメリカ人の女子とフランス人男性の3人でランチをしていた。







どこで何が起こったのか良く分からないけど、
その女の子はフランス人男性を意識してしまったようで、

私といる時とは違って、なんだかソワソワしだした。
(「私、すごくシャイだから」と言ってみたり。謎)







彼はとてもいい雰囲気を持った男性だし、 
彼女が緊張していることを除けば、

2人の会話は弾んでいるように見えたし、

私は幸せな気持ちで抹茶ラテをすすっていた。
(2人がどうこうじゃなくて、お天気が良かったりで。)







私は何も考えていなかった。

この会食を終えたら、どうしたいかも、全て。







なぜか、ランチを終えるとアメリカ人女子は去っていった。

私とその男性は、ポカポカの土曜日の昼下がり、
大きな公園でずっとお喋りをして、

その後彼の提案で、たこ焼きを食べたり、夕食をとったり。






彼は絶対に私に触れたりしなかったし、
失礼なことも言わなかった。

でも、すごく緊張しながら、
「キスしたいんだけど、駄目かな?」と。







私は断った。







けれども、彼は拗ねることも嫌な顔もせず、
楽しい時間を維持してくれた。

お礼ということではないんだけど、
今度は私の方が、彼とどうしてもキスしたくなった。







私の好みのパヒュームの匂い、引き締まった身体、

フランス人男性は、
どうして、こんなにキスが上手いんだろう?

と毎回悩まされる、こなれた所作







何も期待していない、ただ、たまに恋に落ちることは、
けして悪いことではないと思ってる。

一線を越えるときは、
私にとってはやっぱり重要だけど、デートやキスはねぇ、

なんで、こんなに幸せな気持ちになるんだろうね(*´-`)







ほらね、何度だって幸せなことはやってくるんだよ。


★人に相談してみること★

人生経験が増えていくと、

“人を煩わせたらダメなんじゃないか、、、。”と、

 色んな場面で、サイレント人間になりそうになる。







それは、周りの人のためなんて言いながら、
自分のためでもあるんだよね。

例えばSNS、しょうもないことを発信したかったら、
本当はしてもいいに決まってる。

※ よっぽど不快な内容じゃなければ。







でも、大人世代がタイムラインをばんばん流しているなんて、
あまり見ない。(我が子を、、ていう人ぐらいじゃない?)

日常が忙しいだけじゃなくて、
『いい年して、構ってちゃんじゃないんだから』 
というようなことを、みんな思っている。







もとい、でも、そういう制約が増えていくと、

ちょっと人に話しかけてみるということさえ、躊躇しだす。







肘や手首が痛くて、逆立ち歩きの練習をしばらく休んでいた。







さほど痛くなくなってきたので再開したら、
“恐怖心”で前のように思い切ってできないヽ(´o`;

何度トライしてみても、グニャッと倒れた時のことや、
肘がとんでもなく痛くなったときのことを思い出してすくむ。







私は体操教室を探して、電話していた。 ←そこまで( ̄▽ ̄;)

パーソナルトレーナーは、高かった。笑 







『何を遠慮してるんや、私!!』と、なぜか勇気を振り絞って、
空手の先輩に連絡する。

「逆立ちの練習に付き合ってくださいm(_ _)m」







 道場の中でも、すごく実力のある人

きっと、練習に来てもらっても、「何度もやるんだよ。」
とかだけ言われるんだろうなと思ってた。







そしたら、

「足、もうちょっと向こう側に曲げてみ。」
「道場で逆立ちで怪我した人、今まで1人もいないから。」

「そんな大したことないよ(⌒▽⌒)」







よく分からないけど、その方の少しの発言と笑顔で、

私はまた、逆立ち歩きをすることができるようになった。笑







積極的に人を頼った方がいいときもあるんだよね。







何かの本で読んだことがあるの。

Aから始まって、Fに辿り着きたいとき、
1人で考えているとどうしてもA B C D A B C D A B、、、

振り出しに戻ることがあるでしょ、、と。







人に相談しても、A B C D E とは進まないことも多いけど、

A B C D『H』、、と予期してもいなかったものが、
出てきたりするって。
 






自分1人で色々と完結させない方がいいことも、あるよね。

さぁ、この人間界で、人とドンドン絡んでいこう!


 
読者登録
LINE読者登録QRコード
ギャラリー
  • ★陰徳が陰徳でなくなる、私のブログ★
  • ★陰徳が陰徳でなくなる、私のブログ★
  • ★この星は、人の心で回っている★
  • ★山下公園は、愛に溢れている★
  • ★東京、予想以上に人多くてひいた!★
  • ★新幹線、わりと危ない乗り物やね(・_・;  ★
  • ★マスクはアラフォーの最強の味方★
  • ★keipaka、空手やめたんだってよ★
  • ★5月10日、彼に会いに行く★