☆ケイパンチョーナ☆

バツイチ、子なしのブログ主Keipakasanです(*^^*) 数々の国際交流の末に、日本における『欧米崇拝』『白人広告起用の多さ』に嫌気がさしているイチ貧民アラフォー女です。40代が恋愛できないなんて、迷信だぁ🎶を証明するため、日々精進中🎶

★安売りするぐらいなら、男はいらない★

バファリンや頭痛系の薬でも、腰痛は緩和されると聞き、
痛み止めを飲んで、空手のレッスンに行ってきました f^_^;

土曜日は、レッスンに女性がちょくちょく来る曜日です。







今日は、4人も女性がいました!(๑˃̵ᴗ˂̵)

いやいや、4人て、、、という感じですが、多いですw







2人は、段持ちの方々で(黒帯以上)、
手にサポーターをせずにミットを打ちまくっていて、

Keipakasan 、目が飛び出そうになりました Σ('◉⌓◉’) 







手の皮、破れるよ、、、?







もとい、あとの2人はKeipakasan とおっぱい女

※ おっぱい寄せてあげて、道着から谷間が見えるようにしてるからw
でも、めっちゃイイ子なので、気にならなくなった(⌒-⌒; )







練習終了後、
黒帯の2人は道路で談話をしてはり、私はおっぱい女と帰る。

女が2人集まれば、恋愛トークですです。楽しいねぇ♪♪







おっぱい女『好きな人はいるよぉ(^ν^)』

Keipakasan 『えぇ、いいねぇ✨どんな感じなの??』







おっぱい女『恋人みたいなことはするけど、彼氏じゃない人』







Keipakasan 『………!(´⊙ω⊙`)、、、sexするの??』

おっぱい女『うん。』







Keipakasan 『そんなん、絶対アカン!願い下げしろ!!』

↑  お節介おばちゃん。
でも、女が大事にされてないの、めっちゃ癪にさわる人。







おっぱい女『でも、好きなんだよ。。』

Keipakasan『sexが好きなの??』

おっぱい女『それは、違う、、、(´・ω・`)』







ああ、イライラする!!

楽しんでないのに、タダでやらせるのなんかアカン💢







Keipakasan『周りに“彼女”って、紹介してくれないんでしょ?』

おっぱい女『うん、、、。』

Keipakasan『じゃあデートしてもいいけど、sexはだめ!』

↑ もう、既に他人の自由すら否定しているKeipakasan 💧







他人ごとでも、感情移入しちゃう 

私はプライドの高いクソババぁだよ。
でも、私は一生懸命生きてきたんだよ。

同年代の男と遜色ない人生。誰かにとっては『宝物』でもある。







だから、卑怯で小さい男が、私を物扱いするなんて100万年早い !
100万年後に、顔洗って出直してこい、このチン○スが!

と、クズ男には中指立てながら、言ってやる(`・ω・´)







Sex拒んだら離れていくような、
1人の女にも堂々と向き合えない雑魚を、相手にするな女性陣!!

私たちが40代だろうが50代だろうが、
モテなかろうが、シワシミだらけだろうが、そこは死守だ!!!!


 

★腰が痛すぎて、空手に行けない(T_T)★

キックする動きが、臀部の緊張に繋がって、

久しぶりに腰痛を引き起こしてしまった。。







ダンスをやっている時から、持っているので、
まぁ、まだ大丈夫、大丈夫って続けていたら、

悪化した(ノ_<)







人間関係が楽しいから、
見学だけでも行きたいんだけど、

それはそれで、変に思われるのも嫌で休む 







しばらく安静でいるべきなのは分かってるんだけど、

明日は、
『おっばい女』(うちの道場で、1番可愛い?女性) 
が気に入って、レッスンに参加する日、、、







なんとなく、
V君と彼女が2人で駅まで帰るのを想像すると嫉妬する。

『好き』は継続するんだ!ていうプラス思考じゃないのに、
嫉妬はする、よくない状況だな(´・_・`)
 
 

★V君と師範と私★

道着が届いた(°▽°)

名前を道着に刺繍してもらっているので、
モザイクで隠しております(^_^;)


6FD205F0-585E-41C4-8C7F-E2E409A3BEE1



ところで、以前の日記にも書いたことがあるのですが、
私の名前はかなり『男っぽい』です。

昭和人間の私は、
新学期はだいたい先生に男に間違えられていました💧







大学の頃は、男子に『代返』を頼まなければいけない、、
という大変難儀な事態に陥ってみたりw

バイトの応募をしたら、
“女子やったらいらんかったのに!” と言われてみたり💧






どうして、そないなことになったかというと、
母が2人目は “男の子が欲しかった” という、、、

もう、まるで虐待のようなお話で、、(・_・;
ただ、なぜか私は自分の名前が好きで、







そして、ピンクの服を着せると泣く子供で、、







卵が先か、鶏が先か、みたいな話なのでややこしいです💧 

私の中のジェンダー問題は、本当によくわからないもので、
『恋愛対象は男』、ここだけがしっかりしていて、







“あなたは男ですか、女ですか?”の問いへの答えは、
未だに、なんだか、よくわかりません( ̄▽ ̄;) 

女として生きていても、周りの人が違和感を訴えます💧







もとい、タイトルです。

V君と気まずい状況なのを、師範は見抜きました。
さすが、上に立つ人は、色んな人を見ていますね(^_^;)







師範『V!Keipakasanに帯の締め方、教えてやれ!』

周りに他にも人はたくさんいたのに、V君を指名しました。
不器用で優しい男性なんだと思います。







私の方でも、しょっちゅう会うんだから、
爽やかな空手仲間に戻れたら、ひとまずイイ気がしています。

久しぶりに、笑顔で話せました。めでたし( ^ω^ )


 
読者登録
LINE読者登録QRコード
ギャラリー
  • ★ところで、ネックレスの宝石部分★
  • ★本日、私の誕生日(^-^)【追記あり】★
  • ★本日、私の誕生日(^-^)【追記あり】★
  • ★本日、ホルモン治療開始(*´-`)★
  • ★1日中、新しいタイトル考えてた★
  • ★皮肉な診断結果に笑う★
  • ★デートしました④★
  • ★久しぶりに空手に行った(*´-`)★
  • ★人生は決断の連続★