☆40歳からの友活・恋活☆

バツイチ、子なしのブログ主Keipakasanです(*^^*) 留学経験、海外移住経験一切ナシのアラフォーですが、海外国籍の人達と多く交流していますヽ(=´▽`=)ノ 中年以降の凝り固まった自分の価値観のほぐし方など、一緒に考えてみませんか?人生ハードモードの今も、なんとなく楽しい日々です♬

★ 欠けているところがあるからこそ ★

こないだから、足繁く通っているBARが気に入っている。

G君からの~で、たまたまフランス人オーナーのお店なんだけど、
国籍は関係なく、オーナーの雰囲気作りが好き







日本人とフランス人は、どうしても言語・話題の問題で、
離れて席取りをして、バラバラに会話をしてしまいがちなんだけど、

今日も、なんだかんだで、
フランスの人たちにも私のことを紹介してくれていたみたいだ







そのおかげで、わざわざ彼らに挨拶をしにいくこともなく、

帰り道は、フランスの人達の輪に入れてもらうことができました







感謝っ!!(*^^*)







ところで、タイトルなんだけど、

私は今、 “家族と疎遠” “心臓病持ち” “彼氏なしの独身” “非正規社員”
と欠けまくっている。







でも、不思議なことに全く焦りがありません

非正規とはいえ、保険関係は全て入れてもらっているし、
病名的には重病人のカテゴリだけど、特に国にお世話にならず生きている。







ありがたいことに、私のLINE・skypeなどは、毎夜人からメッセージがくる。

欠けまくっている私だけれど、どこが不幸なんだろう?







どこも、不幸じゃない。







ただ、以前に比べて、
ツライ気持ち・寂しい気持ちの人のことは、痛いぐらい分かるようになった。

そして、この欠けまくっている私を愛おしいと思う人が、いるんだろう。







今日ね、目立つほどの斜視の方と帰り道、一緒だったんだけど、

なんていうんだろう、、、私、そういう方といると落ち着くんだよね。
これ、読者の方々も分かるでしょ?







“負の財産”と思うものを持っている人は、心が豊かな場合が多い。

なんとなく、病気のことを実生活で人に言えない理由は、
こんなところにもあるん。私の場合、言わなきゃ人にわからないから。







『守ってあげたい』なんて思われたり、『優しい人に違いない』と思われたり、

自分が思っている以上に、何か影響をもたらしてしまうのが怖い。







人づきあいって、いくつになっても学ぶことが多いね。

なんかこう億劫なときでも、外には出ていかないとダメだね。






★ G君、日本語が上手くなる ★

私が未練たらたらのG君、

今日も久しぶりにLINEしてみる。







Keipakasan 「北海道で、ゆってたアレできたの?」

「こないだ、A君に会ったよ。フランス語教えてもらった

無難なセンテンスのボイスを送る。







G君 「おぉおお、すごいね、何言ってるかわかるよ!

何言ってるかわかるレベルかよwww







Keiapakasan 「私の方がきっと、フランス語上手くなるよ!

どうせ、英語ユーザーは日本語獲得を諦めているだろうと。。







G君 「俺、前より日本語よくなったし。」

Keipakasan 「じゃあ、なんか書いて送ってみてよ。」







G君 「今、札幌にいます。水曜日には、大阪に帰るよ!」







え、ちゃんとしてる、、、、、、次の女、いるんだろうな。

えぇえええ、なんかイライラと、でも、日程報告してくれてる嬉しさと。







即刻、A君ではない共通の友達に連絡

Keipakasan 「G君さ、ほんとは次の女がいるんでしょ?教えてよ。」

「道でばったり、次の彼女と出会う方が傷が深くなるから、絶対教えて!!」







友達 「俺の知るところでは、いないよ。少なくともKeipakasanの時のように、
自分達の飲み会に女の子連れてきたりはしてない。」

Keiapkasan 「あ、ありがとう」 ←ほっとしてるw







私、キモイw 誰か止めてwww





★ 続・A君のこと ★

昨日もexchang language partyに参加していた(*^^*)

ここのpartyは気に入っている。







日本でやっているinternational partyにロクなのはない。

というのは、わかる。 ※彼氏など作りにくいぜ、という意味で。







でも、関東に行く前に、同じ大阪で参加していたものみたいに、

お姉さま方がヒラヒラ着飾って、ブチューっと誰かがキスを交わしている。
そういった光景は、この会で見たことがないし、







かと言って、関東で参加していた時のような、
“席が決まっていて、オーガナイザーが手順を進行”というものほど、

堅くもない。(堅い???笑)
普通に見える人達が、何かに焦ることなく、週末の夜を楽しんでいる。







私と私のひきずっているフランス人G君は、この会で出会ったんだけど、
そのG君の友達A君が、今日はこの会のスタッフとして参加していた

※ 外国籍の人達は声をかけられて、1日だけスタッフをしたりする。







私達はその前の夜、

『 “あなたの趣味はなんですか?”て、フランス語でなんていうん?』
『えぇーと、こういうねん。ほいほい、わかった、ボイスも送るよ。』

「週末、早速使うよ、ありがとう」と話していたんだ。苦笑







思わず、

「初めまして、あなたの趣味はなんですか?」と聞いてしまいましたw

普段かなりボォオーとしているA君も、さすがに笑いました







ところで、以前の日記で書いたようにA君は、アニマル外国人なのに、

ボォーーーーとしていますw







シモ系外国人なら、ガツガツしているのが基本のような気がするのに、

A君は、なぜか真逆でボォーーーーーとしている







以前、G君に言ったことがある。

「A君って、スローテンポで面白いよね(*^^*)」

「それがまた、苦手やねん!」、男同士だとイライラするキャラなのかも。







もとい、よく考えれば、
私達はかなり長いことチャット友達なので(多分、去年の10月から)

なんだか、お互いにお互いの動きが気になってしまう。







『あ、A君、女の子に囲まれてるな』 とチラ見すると、あちらも私をチラ見。

そんな折、私はアメリカ人に声をかけられて、、、
でも、なんだかナンパ師な雰囲気、チョクチョク触ってくんな!ていう。







A君、こちらが気になるのか、私達の後ろあたりに居場所確保

あぁ、、、なんか、こんなダラシない私をG君に報告されたら、不味いな。
なんて思いながら。







でも、『お前のことなんか忘れて、彼女楽しんでるよ。』
という印象もありかなと思ったりで、結局、アメリカン達のディナーに同行

結末は、終電間際に「もうちょっと、一緒に!もうちょっとダケ!」という、
予想通りのシモ外国人達







「Nooooo !」振り切って、終電に飛び乗る(^^)







A君からLINE、「楽しんでるの?」

「ちゃんと帰ったよ。」、、、、、「あの男、絶対ワンナイ狙ってたよ、そんな雰囲気の男」
「俺、Keipakasan達の様子、ずっと見てたもん。」







A君はG君とつながってるのかな、、

フランス人とかドイツ人って、なんかイタリアの人達より、ちょっと賢くて(語弊w)
そーーーーっと、じーーーっと、見えないところから様子を伺う感じがあるんだよね。
(もちろん、“人による”話だよ。)

羽目外さないようにしよう、、、だって、まだG君には「軽く」見られたくないもんなぁ。



IMG_4247


青のドレス、物色中w



読者登録
LINE読者登録QRコード
ギャラリー
  • ★黒ゴマすごいね!(O_O)!★
  • ★ムスリム文化と欧米文化の間ぐらい★
  • ★海外の人達の投稿する記事って、newsだらけだね★
  • ★陰徳が陰徳でなくなる、私のブログ★
  • ★陰徳が陰徳でなくなる、私のブログ★
  • ★この星は、人の心で回っている★
  • ★山下公園は、愛に溢れている★
  • ★東京、予想以上に人多くてひいた!★
  • ★新幹線、わりと危ない乗り物やね(・_・;  ★